よくある質問

ページ内リンク:基礎知識編仕様編住宅設備編オフィス・店舗編見積・注文・納入編

【基礎知識編】

・トレーラーハウスは設置場所に制限はあるの?

トレーラーハウスは法的には建築物ではなく、車両の扱いになるので、家を建てることが出来ない場所にも設置できるケースが多くなっております。なお、地目が農地の場合には、農 地転用して地目を変える必要がありますので、市町村の農業委員会への相談が必要です。

・トレーラーハウスは税金がかからないって本当?

適切な方法で設置すれば、建築物には該当しませんので、固定資産税の対象外となります。なお、現行法(令和 2 年現在)ではトレーラーハウス自体に税金はかかりません。

・自由に公道を移動できるの?

事前に国土交通省に申請を行い「特殊車両通行許可」を取得することにより道路輸送が可能となります。

・運搬するにはどのくらいの道幅が必要?

4m以上の道幅があれば通行可能です。蛇行した道や狭いカーブがある場合は現場下見を行います。

・敷地と道路の間に縁石があるけど大丈夫?

縁石は行政に申請して撤去する事ができます。

・水道・電気・ガスは?

トレーラーハウス内の設備および接続は一般住宅と同じですが、次の方法で接続して使用します。 但し、設置する場合には特殊な工具を使用せず取り外し出来る方法により接続します。 ※日本 RV・トレーラーハウス協会(旧・日本 RV 輸入協会)の【トレーラーハウス取り扱いマニュアル】がございますのでお気軽にご相談ください。

・都市ガスは利用できるの?

トレーラーハウスではプロパンガスの利用となります。

・住民票は?

住民票をおくことも可能です。郵便物を受け取ることも出来ます。

・設置場所は舗装しておく必要があるの?

必ずしも舗装しておく必要はありませんが、地面がやわらかな土ですと設置が難しくなります。砕石を敷いて転圧をかけておけば大丈夫です。

・建築確認申請は必要なの?

「随時且つ任意に移動できる状態」で設置することにより、建築物には該当しませんので、建築確認申請は不要です。その分、費用と時間を節約することが出来ます。

・「随時且つ任意に移動できる状態」とは?

工具を使わずにワンタッチでライフラインの脱着ができる状態のことです。トレーラーハウス設置の際には、この方法でライフラインの接続を行います。

・不要になったトレーラーハウスはどうすればいいの?

パークホームズでは買取制度をご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

【仕様編】

・耐久性について教えて下さい。

当店パークホームズ埼玉のトレーラーハウスは2×4(ツーバイフォー)工法を採用しており、一般住宅と同等の耐久性を備えております。

・暑さ寒さにも強いの?

パークホームズは本部が東北地方にある為、寒冷地仕様の断熱材と、高断熱ペアガラスサッシが全機種で標準仕様となっております。 また、断熱性能だけでなく、豪雪にも耐える剛性も兼ね備えています。

・防火性はどうですか?

一般戸建住宅と同等です。 本体は 2×4 構造であるため、一般軸組工法に比べ防火性が優れており、耐火・防汚外壁サイディング、内壁にも石膏ボードを使用しています。火災保険でも枠組工法(2×4 構造)はその構造上、難燃性であるため保険料が安くなっております。

・地震には?

トレーラーハウスはサスペンションが免震構造の役目を果たし、タイヤが震動を吸収します。 また、躯体は地震に強い2×4(ツーバイフォー)工法です。

・広さはどれくらいなの?

「ラインナップページ」をご覧下さい。なお、最大サイズは 11m×3.4m(約 22 畳)+ロフトです。

・ロフトも設置できるの?

当店のトレーラーハウスはロフト付きもご用意しております。

・ウッドデッキも設置してもらえるの?

ウッドデッキも当店で設置いたします。

・ウッドデッキはスロープ仕様にできますか?

はい。階段だけでなく、スロープ仕様もご用意しております。

・間取りの自由度は?

パークホームズ埼玉のトレーラーハウスは「フルオーダー」なので、間取りは自由自在です。住宅及び店舗・事務所等、敷地の大きさや間取り、仕様、ご予算に合わせてほぼフルオーダーで製作させていただいています。独自仕様のデザイントレーラーハウスを製造することで、他店との差別化を図った独自のブランド展開が可能になります。但し、製造上制約のある規定以上の大きなもの、構造上不可能なものには対応できません。

・パークホームズ埼玉さんのトレーラーハウスは海外製ですか?国産ですか?

当店のトレーラーハウスは海外製です。 アメリカ Cavco 社のライセンス商品と、パークホームズオリジナル商品をご用意しております。 海外製ではありますが、日本の気候風土に適した構造を採用し、住宅性能は国産住宅と同等です。また、トイレやバスルームは国産有名メーカー商品を採用しております。

・海外製としての注意点はありますか?

住宅性能自体は国産住宅と変わりありませんが、内装外装の仕上げ部分などで海外製ならではのアバウトな部分が若干ありますのでご了承下さい。

・何人くらいまで住むことができますか?

広さは1LDKマンション程度となります。ロフトを追加して4人家族で使っている方もおります。

【住宅設備編】

・トイレは水洗ですか?

標準のトイレは国産メーカー製の水洗トイレを採用しております。オプションで温水シャワー便座を追加することもできます。

・どんなバスルームが付きますか?

標準仕様のバスルームは、国産メーカー製のマンション用バスルーム(0.75 坪サイズ)です。 トイレとは別々になったタイプです。

・キッチンは?

標準仕様は、海外製カントリー調キッチンで、天板は人造大理石です。なお、オプションで国産キッチンに変更することもできます。

・テレビアンテナや電話線は?

一般住宅と同様に設置可能です。

・照明も標準で付いてますか?

当店では全室LED照明のダウンライトが標準装備となっております。

・カーテンは付いていますか?

ブラインドがサービス品として全窓に付属します。カーテンはオプションとなります。

【オフィス・店舗編】

・トレーラーハウスで飲食店の営業許可は取れるの?

当店の飲食店用トレーラーハウスは、保健所で問題無く営業許可を取得できます。

・税金対策にも有利なの?

耐用年数は車両扱いとなりますので、最短4年で減価償却することが出来ます。

・床は土足でも大丈夫ですか?

土足対応の床材を採用しておりますので問題ありません。

・厨房設備も付けてもらえるの?

厨房設備は別途専門業者様へご依頼下さい。なお、給排水配管は事前に施工いたします。

・従業員用の出入り口を追加できますか?

はい。出入り口ドアの追加も可能です。

・セキュリティ対策は?

オプションで「セコム」「アルソック」のセキュリティシステムを導入できます。

・店を拡張したい時にはどうすればいいですか?

トレーラーハウス同士をウッドデッキで連結して客席を増やしているお店もあります。

【見積・注文・納入編】

・相談・見積りは無料ですか?

はい。無料ですのでお気軽にご相談下さい。

・本体以外にどんな費用がかかるの?

輸送費(基準緩和申請+特殊車両通行許可申請料含む)+設置費用+ジャッキ費用+ライフライン工事(水道・ガス・電気)です。ライフライン工事は、電気工事、水道工事、ガス工事(プロパン)が必要ですが費用は、設置場所、業者により違いがありますので、事前にご相談ください。

・納期はどれくらいなの?

ご注文から設置まで約4ヶ月程となります。 但し、運送のための基準緩和申請や特殊車両通行許可申請に時間がかかる場合がございます。

・保証について教えて下さい。

パークホームズでは1年間の製造保証をつけています。また、火災保険などの損害保険に加入することも可能です。

・ローンは利用できますか?

当店で提携している金融機関のローンがご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧下さい。

・パークホームズさんはトレーラーハウスの団体(協会)に加盟してますか?

当店は「日本RV輸入協会」に加盟しております。日本RV輸入協会(JRVIA)はトレーラーハウスを含むRV普及のための自主基準の作成や法的基盤整備を行う団体です。

・注文前に設置予定地を下見してもらえますか?

はい。事前に下見を行い、その時に水道・電気業者さんと現場打合せを行います。

<ご注意事項>

【建物として扱われる基準】

トレーラーハウスは車両、設置時点では建築物に該当しない場合であっても、その後の維持管理の結果として次のいずれかに該当するに至った場合には、その時点から建築物と扱われます。車両設置する場合には十分な注意が必要です。
※参照 別表 3.日本建築行政会議第 419・170 号取扱解説(PDF)
1. トレーラーハウスの移動に支障となる階段・ポーチ・ベランダ・柵等があるもの。
「移動に支障のある」ものには、次のものも該当する。
2. 車輪が外されているもの、又は車輪は取り付けてあるが走行するために十分な状態に車輪が保守されていないもの。
3. 上部構造が車輪以外のものによって地盤上に支持されていて、その支持構造体が容易に取り外すことができないもの(支持構造体を取り外すためにはその一部を破壊することが必要な場合等)
4. トレーラーハウスの敷地内にトレーラーハウスを移動するための通路(トレーラーを支障なく移動することが可能な構造(勾配・幅員・路盤等)を有し、トレーラーハウスの位置から公道に至るまで連続しているもの)がないもの。
5. 給排水・ガス・電気・電話・冷暖房等のため設備配線配管等をトレーラーハウスに 接続する方式が脱着式(工具を要さずに取り外すことが可能な方式)でないもの。
6. その他、トレーラーハウスの規模(床面積・高さ・階数等)・形態・設置状況から、随時かつ任意に移動できるとは認められないもの。